親友だからこそAVに誘うこともある!?

親友は何人いる?」と聞かれて即答できる人はどのくらいいるのだろうか? 私も正直、答えに窮する。1人いるような、いないような……そういうレベルである。マンガや小説では親友という概念がよく使われるが、現実社会での親友となると、定義が本当に難しい。本当に困ったときに助けてくれるのが親友だとは思うが、残念ながら私は人生でそれを確認する機会に恵まれておらず(ある意味幸せなことであるが)、親友かどうか確認できないのだ。

私は男性だから女性の親友の定義は正直わからないのだが、人には言えない体験を一緒にする、というのも親友の定義の1つに入るのかもしれない。昔、裏ビデオの援助交際もので、女子校生が友達といっしょに初体験を……というのを観たことがあるが、相当仲のいい友達でないとそんな誘いはできないだろうから、これもまた親友の1つのパターンなのだろう。私が思い違いをしているだけかもしれないが。

さて、自分が強姦や輪姦などの悲惨な目にあってさらに男(または男たち)に親友を呼びだすように命じられて同じ目に……というAVは、よくある。レイプ好きの私も、この手のAVはよく観る。しかし今日紹介するのはこのパターンではない。まず街で1人の女性に声をかけ、高額バイトをエサにAVの撮影を行う。そしてそれが終わったらその女性に親友を、「おいしいバイトがあるから話を聞きにこない?」と誘わせて、その親友もAVに出演させるというもの。タイトルはそのものズバリ、『街角シリーズ 親友をエロビデオに売ってみませんか!!』だ。

このAVを観て、「こういう親友のパターンってあるのかなぁ?」と最初は疑問に思ったが、先の裏ビデオの話もあるので、もしかするとアリかも!? と思い直したのも事実。実際、お金は誰でも欲しいわけで、この手の話に抵抗のない親友なら、話を聞く可能性もあるだろう。もっとも私が紹介する立場なら、親友を気づかっていっしょに話を聞くだろうが……。


いちばん最初に街で声をかけられるこの女の子も悪くはない。ただ個人的には、照れと恥じらいがないのでちょっと私は抜けない。もっとも中里愛菜ちゃんとの3PであればWelcomeだが……

ちなみにこの手のAVは、バカバカしいと思ったら観たあとすぐに忘れてしまうことが多いのだが、このAVの場合はちょっと違う。なにしろ最初に登場する1人目に紹介された親友の女の子が私好みで、そのあとすぐにこの女優の名前を見つけて、出演作を借りまくったのだ。そのAV女優の名前は、中里愛菜ちゃん。ただ、このAV以上に抜けるものはなく、中里愛菜ちゃんで抜きたくなったらいまだにこのAVに戻ってきて抜くようにしている。親友に紹介されて自分もAVに出演……というシチュエーションが、中里愛菜ちゃんの魅力をよりいっそう引き立てているからだろう。


主演作ではないが、個人的には中里愛菜ちゃんの最高傑作だと思っている。なんといっても、照れと恥じらいの表情がすごくいい

キス、フェラ、ハメ、そしてぶっかけとひととおり終わったら、今度は中里愛菜ちゃんが親友を紹介……。とにかく出演女優のレベルが高いので、この手の作品が好きな方はぜひ一度観てみてほしい

なおこのシリーズは5まで続いて、どの作品も出演女優のレベルが高いと評価されている。この手のAVが好きな方は、ぜひ一度観ていただきたい。特に中里愛菜ちゃんのような娘がタイプなら、記念すべき1作目は超オススメだ!!

AV強要は男のサガ……かもしれない

AVで活躍してほしかったなと思う着エロアイドルは実に多い。AV強要が性犯罪としてクローズアップされている昨今ではあるが、目の前でキレイなヌードを披露されれば、その先も見てみたいと思うのは自然の流れではないだろうか。たとえばこの夏木あおいちゃん、私好みで実にそそる女性なのだが、どうやら『純情白書 夏の日の誘惑』だけを残して引退してしまったらしい。

私はロシア系のハーフ美少女が大好きだが、夏木あおいちゃんにはそれに近いにおいを感じる。もっとも彼女については詳細なプロフィールが公開されておらず、写真集を購入するしかその姿に迫ることはできなさそうだ。結構この着エロDVDでははじけているので、私のように期待していたファンは多いとは思う。

AV強要は確かに悪いことである。それはわかる。だから私もこれまで、ヌード撮影までという女性モデルに、ハメ撮りを強要したことはない。もちろん「オプションはないの?」とさりげなく聞いたりはするのだが、少しでもイヤなそぶりを見せると、あっさり引き下がるようにしている。ヌード撮影は女性との信頼関係があってこそ、という考えだからだ。

しかし、しかしだ。それでもヤリたかったというのが私の偽らざる本音。そのときの写真や映像を見ながら、もう少し強引に迫っておけばもしかすると……と思わないことがないではない。ただ、それはさすがにしてはいけないことだろう。

とにかく最近は仕事に忙しく、ハメ撮りもヌード撮影もまったくできていないが、ちょうど今日、温泉コンパニオン遊びを楽しんできた悪友のプロカメラマンからひさしぶりにLINEが飛んできた。しばらくはまだ仕事に追われる日々が続くとは思うが、その反動で少し弾けてみようと思う。その結果は本サイトで公開するつもりだから、気長にお待ちいただきたい。

デビュー作タイトルどおりのザーメン“ぶっ駆け抜け”!!

2016年にデビューしたAV女優のなかで、ひさびさにハマったのがこの早乙女夏菜ちゃん。女子大マラソン部員だという健康的な肉体にロリ顔だから、ハマらないほうがおかしいというもの。身長が151cmというのもいい、バストがBサイズというのも、マラソンで鍛えた身体だと思えば許せる。ただ、そのデビュー作『エッロ~い女子大マラソン部員 早乙女夏菜18才 AVデビュー ぶっ駆け抜ける裸体』は、正直に言えば少し物足りない。ほかの方も私と同様のことを感じているのか、なにかこう、夏菜ちゃんの魅力をうまく引きだせていないなぁと思うのだ。

ロリ系のデビュー作でいえば、AV出演の黒歴史を消したがっている元AV女優のほしのあすかちゃんの『元ミスマ○ジン ほしのあすかAV Debut』が最高峰だろう。彼女の魅力を完全に引きだしていたし、これが本人の希望で廃盤とされたのは、本当に残念だ。

それに対して夏菜ちゃんのデビュー作は、本人の素質もあるのだが、たとえば冒頭の屋外でランニングウェアを着た夏菜ちゃんにフェラをさせ、口内射精するシーン。アングルがイマイチだし、致命的なのは、夏菜ちゃんがザーメンをすぐ地面に吐きだし、かつその瞬間をカメラが全然とらえていないこと。これはさすがに抜けないだろうと思ってしまう。そのあとホテルに行ってハメるのも、なにかこう違うなぁと思ってしまうのだ。


屋外でBカップのおっぱいをもみ、期待感をたっぷりもたせながらハメ撮りはせず、結局はフェラからの口内射精。問題は夏菜ちゃんが口の中にだされたザーメンをすぐに地面に吐きだしてしまい、その瞬間をとらえきれていないこと。デビュー作の初フェラ、初口内射精のシーンはもっとこうじわりと感動的なものにしてくれないと……


結局そのあとホテルに移動し、ハメ撮りからのBカップおっぱいへの射精。ただ私としては、屋外でマラソンウェアを汚すようなかたちで射精してほしかった

ただ私にとって、確実に抜けるシーンもある。それが大勢のAV男優に囲まれた状態で次々とフェラをし、ザーメンを顔や髪にかけまくられるシーン。まさにタイトルどおり、“ぶっ駆け抜ける裸体”が再現されていてすごくいい。相変わらずザーメンは苦手のようだが、それでも射精したあとのペニスを加え、一生懸命フェラをする姿はけなげで、すごくいい。さらにいいのが、髪についたザーメンを照れながら振りほどこうとするシーン。ここだけは私のツボに見事にハマり、何度も抜いている。


この大勢のAV男優に囲まれて華奢な身体をもてあそばれ、最後に全員からぶっかけまくられるシーンはすごくいい。実にいい。最後に髪についたザーメンを照れながら振り払おうとする夏菜ちゃんの表情も最高にいい。まぁこのシーンがあるだけで、このDVDは十二分に観る価値がある……と私は思う

なお、パッケージ写真はすごくかわいいのに映像がいまひとつなのは、ほぼすべてのプレイで髪をポニーテールにしているからだ。夏菜ちゃんは耳が少し大きめなので、普通に髪を降ろしたほうが似合っていると思う。だからこそパッケージ写真がそうなっていたわけで、なぜAVの撮影中、ほぼすべてがポニーテールで、最後は少しパーマをかけた髪になっていたのか不思議に思う。こうした不満はほしのあすかちゃんのデビュー作にはなかったので、つくづく残念だと思うのだ。

しかしこれらを差し引いても、夏菜ちゃんがぶっかけられるシーンでは、私は抜ける。だからこのDVDはいい。その後、あまり出演作は増えていないが、彼女の魅力を最大限活かした名作が登場するのを今はひたすら願うばかりだ。

p.s.
デビュー作は三枝あおい名義の『初声 うぶごえ 三枝あおい 18歳 AV DEBUT キチックス/妄想族』なのでしょうね。たぶん。

地下アイドルの初めてのビデオがハメ撮りって、これホント!?

地下アイドル」という言葉に“イヤラシイ響き”を感じるのは、おそらく私だけではあるまい。AKB48もある意味、このくくりに入るが、現在は「ライブアイドル」とも言うそうで、劇場でのライブ活動を通じて大ブレイクした彼女たちは、確かにこの呼び方のほうがふさわしい。

実は私、こういう呼び方には無頓着なところがあり、ライブアイドルだけでなく、そのほかの「インディーズアイドル」や「リアル系アイドル」も、この原稿を書くまで知らなかった。テレビで聞いたことがあっても、頭に残っていなかったのだ。「なんと呼ばれようとAKB48はAKB48」というふうに考えるのが私の常だから、呼称には興味がないのである。ただ、地下アイドルという呼び名だけは、結構昔から知っていた。それはこの動画を見つけたためである。

この娘が地下アイドルかどうかは、私には正直わからない。動画のファイル名が「素人地下アイドルの実態 しっかり口内発射を決められる!」となっていたからそう思っていただけで、たんなるAVの流出という可能性もある。しかし、しかしだ。私はこの普通っぽい顔立ちに胸キュンしてしまい、繰り返し見ては抜きまくっている

さやかと名乗るこの娘は、本当にいい! すばらしくいい!! いかにも地下アイドルという顔立ちが私の息子を奮い立たせるのだ!!

動画は、「さやかです。いつも写真購入していただいてありがとうございます。今回は初のビデオです。みんな、楽しんで見てください」というあいさつからスタート。この娘がサービス精神旺盛で、かつ撮影中はずっと笑顔でいるものだから、こっちもつい楽しくなる。そして服を脱いだあとは、バスルームへ移動。オッパイもくびれも顔立ち同様、ごくごく普通だが、それがいい。普通ぽいからこそ、地下アイドルという動画タイトルの説得力につながるのだ。


サービス精神旺盛なのもいい。いやぁ、本当にこういう地下アイドルがいたら、全力全財産をもって応援するのだが……(もちろんヤラせてくれるのが大前提で)

風呂からあがったあとは道具を使ったオナニーシーンへと進み、長い時間をかけてフェラをさせたあと、コンドームをつけずに生で挿入。正常位からバック、そしてもう一度正常位で突き上げたあと、最後にさやかちゃんの口をめがけてザーメンをぶちまける。欲を言えば私は口ではなく、顔を思いっきり汚してもらいたかったが、これはぜいたくというものだろう。最後、さやかちゃんに、「よろしくお願いしまーす。もっとがんばりまーす」と言わせているのも見事。私が見つけた無修正モノのなかでは、お気に入りの3本指に入る。


さやかちゃんは、はっきり言ってフェラがすごくうまい。ヘタなほうがそそるのだが、まぁこれはこれでOKである


最後に「よろしくお願いしまーす。もっとがんばりまーす」と言わせるのは見事だが、動画は変な終わり方をしている。もしAVの流出なら、オリジナルを一度観てみたいのだが……

1つこの動画で許せないのが、撮影者にプロ意識がないのか、タバコを吸いながら撮影を開始していることだ。「タバコを吸うな!」と言う気はないが、女の子がしゃべり始めているのに煙がモワッと入ってくるのは興ざめしてしまう。プロなら絶対にやらないはずだが、やはりこの動画は地下アイドル流出モノということなのだろうか? 無修正ということもあり、いろいろと想像してしまう私がいる。知っている方、ぜひ私のモヤモヤを晴らしていただきたい。

売れないアイドルの卵はどこまで芸能事務所の言いなりになるか?

私が某出版社で雑誌の編集長をしていたとき、芸能人のマネージャーをやっていた方が独立し、新たに芸能事務所を立ち上げたとかで、アイドルの卵を1人連れて売りこみにやってきたことがあった。社長1人で営業とマネージャーを兼ね、一発当てようというのだろう。そのときは卵が私好みでなかったので結局は使わなかったのだが、芸能界ではこうした例はよくあるらしい。つまり、社長兼マネージャー兼営業+芸能人の2名体制というパターンだ。

さて、私に莫大な金とコネクションがあれば、芸能事務所を開くことを考えるだろう。芸能事務所の社長である。少しぐらいはエッチなことができるかもしれない、と思うからだ。ただ、カラダまで要求すると逃げだすだろうし、訴えられる可能性も高まる。しかしせめて、オナニーしてイクところを見てもらうぐらいは見てほしいと思う。そんなシチュエーションをうまくAV化しているのが、『グラビアアイドルにセンズリ見せ付け面接』だ。

SX20160829-1a

芸能事務所の社長が所属するグラビアアイドルに、「オレは今日、ファンの一員として見ているから、カメラを通じてもっと興奮させてほしい」と言う。確かにグラビアアイドルのファンであれば、写真集やDVDを買い、それを見ながらオナニーして抜くのは当然の行為。それをわかっているから、グラビアアイドルも社長の言いなりになる。もちろん現実には、こういうシチュエーションはありえないかもしれないが、「まぁ、ないこともないかな」とも考えてしまうのだ。

SX20160829-1b
SX20160829-1c
顔立ちと巨乳が、いかにも売りだし中のグラビアアイドルという感じで、実にそそる。こういうアイドルの目の前でにオナニーできたら、どんなに幸せなことだろう

そして言葉たくみにポーズをとらせ、挙句の果ては「キレイなオッパイを見てみたい。そしたらユーザーの人は写真集を買ってくれるようになるから」と言って水着を取らせる。そしてさんざんオナニーしたあと、「ファンの思いを受けとめるんだぞ」と言って舌をださせた口にザーメンをぶちまけるのだ。

SX20160829-1d
SX20160829-1e
この娘の乳輪と乳頭の形に賛否両論あるが、顔立ちと巨乳とのバランスは成り立っているので、私的には全然OK。白人女性的で、見慣れないぶん、私は興奮する

このAVには4人の女性が登場するが、いちばんかわいいのは最初に登場する女の子で、DVDのレビューで乳輪と乳頭の形に賛否両論あるものに、私はこの手の形はキライではない。また、ひそかなイチオシは3人目として登場する女性で、おそらく『F県M郡の炭鉱労働者の村に性欲処理用に女を拘束して便器化している『射精公衆便女』が存在した!!』でキャスター役をやった方だと思う。このAVは後日、あらためて紹介するが、私のお気に入りの1本である。だからこそ『グラビアアイドルにセンズリ見せ付け面接』では水着すら取らなくても、私は想像で抜けるのだ。

SX20160829-1f
SX20160829-1g
3人目に登場する女性。グラビアアイドルとしては確かに魅力に乏しいが、下のAVにようにキャスターとしてはキリッとした顔立ちで魅力的である。このため先にこちらのAVを観ておくと、想像で抜けるようになるのではと思う

SX20160829-1hSX20160829-1i

このAV、フェラや絡みがまったくないので、物足りないと思う方もいるかもしれない。シリーズ展開されなかったのはそのあたりに原因があるかもしれないが、逆に私は、フェラや絡みがないからこそリアルさを感じ、余計に興奮した。私と同じような趣向の方には、ぜひとも観ていただきいAVの1本である。

処女の友達をかばって3人のオヤジに輪姦されたAV女優とは?

星川みなみちゃんという、Gカップの巨乳で人気を博したAV女優がいた。私の巨乳の許容範囲は、大ファンだった細川ふみえさんのFカップまで。そのFを超えるGという巨乳には、正直、興味がわかないのだが、この記事を読んで気が変わった。それは、高校生のときに3人のオヤジに撮影されながらレイプされたというインタビュー記事だ。

レイプされただけならそれほど興味はわかなかったが、星川みなみちゃんの回想インタビューでは、高校2年生のとき、友達と2人でワゴン車に押しこまれ、近くのホテルに連れこまれてレイプされたのだという。ただ、彼女がエライのは、処女だった友達のことを心配し、その娘を1人だけ逃がすことに成功したこと。その友達が警察を呼んでくれることを期待しての行動でもあったが、ひどいことに友達は誰も呼んでくれず、結局、彼女だけが1人、写真を撮られながら服を脱がされ、3人のオヤジたちにまわされてしまったらしい。

SX20160803-1a
写真■高校2年生のときに、3人のオヤジにレイプされた星川みなみちゃん。こうした撮影のときもそのときのことがよみがえり、大変だったとは思う。この「69ブルース」はたぶんアダルト雑誌のインタビュー連載記事で、雑誌名がわかる方がいたらぜひコメント欄で教えていただきたい

インタビュー記事は星川みなみちゃんが21歳のときのもので、その記事には2001年発売の『美ヌード宣言 星川みなみ』や2002年発売の『月刊 星川みなみ』の紹介がある。実はこの記事が掲載された雑誌の名前がわからなくなり、正確な年代は言えないのだが、仮に2002年に発売された雑誌であれば、レイプされたのは1998年ごろだろう。となるとポケベルの時代で、携帯電話が普及する以前の話だ。もちろん、公衆電話から警察にかければいいだけなのだが、その友達は事件のあと、引っ越してしまったとあるので、あまりの恐怖に逃げるのがせいぜいだったのだろう。

高校を卒業して専門学校に進んだ星川みなみちゃんは、渋谷でAV女優にならないかとスカウトされる。そのとき彼女には、同じ専門学校に通う先輩の彼氏がいたのだが、スカウトの話を断らない優柔不断な態度に業を煮やし、かつAV出演を決断したことで別れてしまう。AV女優になったのは、「売れればタレントになれる」というスカウトマンの言葉に引かれてしまったため。そんな彼女だから、出演当初の作品では生フェラや本番、顔射などすべてを拒否していたらしい。なので初期の作品は、つまらない作品が多いとは思う。

ところがあるAV撮影のとき、監督に「そんな中途半端なままでいいのか?」と言われて目が覚めたらしい。そこからはNG行為を取っぱらい、体当たりで演技にのぞんだ結果、人気も上がり、Vシネマの仕事も増えていったのだとか。顔立ちは確かにかわいいので、彼女の生き様に興味をもった方は、ぜひ出演した作品を観てあげてほしい。特に女子高生時代のレイプ体験をストーリーに入れこんだAV、『淫欲多重人格 星川みなみ』はオススメだ。

SX20160803-1b

※後期の作品よりチョイス