親友だからこそAVに誘うこともある!?

親友は何人いる?」と聞かれて即答できる人はどのくらいいるのだろうか? 私も正直、答えに窮する。1人いるような、いないような……そういうレベルである。マンガや小説では親友という概念がよく使われるが、現実社会での親友となると、定義が本当に難しい。本当に困ったときに助けてくれるのが親友だとは思うが、残念ながら私は人生でそれを確認する機会に恵まれておらず(ある意味幸せなことであるが)、親友かどうか確認できないのだ。

私は男性だから女性の親友の定義は正直わからないのだが、人には言えない体験を一緒にする、というのも親友の定義の1つに入るのかもしれない。昔、裏ビデオの援助交際もので、女子校生が友達といっしょに初体験を……というのを観たことがあるが、相当仲のいい友達でないとそんな誘いはできないだろうから、これもまた親友の1つのパターンなのだろう。私が思い違いをしているだけかもしれないが。

さて、自分が強姦や輪姦などの悲惨な目にあってさらに男(または男たち)に親友を呼びだすように命じられて同じ目に……というAVは、よくある。レイプ好きの私も、この手のAVはよく観る。しかし今日紹介するのはこのパターンではない。まず街で1人の女性に声をかけ、高額バイトをエサにAVの撮影を行う。そしてそれが終わったらその女性に親友を、「おいしいバイトがあるから話を聞きにこない?」と誘わせて、その親友もAVに出演させるというもの。タイトルはそのものズバリ、『街角シリーズ 親友をエロビデオに売ってみませんか!!』だ。

このAVを観て、「こういう親友のパターンってあるのかなぁ?」と最初は疑問に思ったが、先の裏ビデオの話もあるので、もしかするとアリかも!? と思い直したのも事実。実際、お金は誰でも欲しいわけで、この手の話に抵抗のない親友なら、話を聞く可能性もあるだろう。もっとも私が紹介する立場なら、親友を気づかっていっしょに話を聞くだろうが……。


いちばん最初に街で声をかけられるこの女の子も悪くはない。ただ個人的には、照れと恥じらいがないのでちょっと私は抜けない。もっとも中里愛菜ちゃんとの3PであればWelcomeだが……

ちなみにこの手のAVは、バカバカしいと思ったら観たあとすぐに忘れてしまうことが多いのだが、このAVの場合はちょっと違う。なにしろ最初に登場する1人目に紹介された親友の女の子が私好みで、そのあとすぐにこの女優の名前を見つけて、出演作を借りまくったのだ。そのAV女優の名前は、中里愛菜ちゃん。ただ、このAV以上に抜けるものはなく、中里愛菜ちゃんで抜きたくなったらいまだにこのAVに戻ってきて抜くようにしている。親友に紹介されて自分もAVに出演……というシチュエーションが、中里愛菜ちゃんの魅力をよりいっそう引き立てているからだろう。


主演作ではないが、個人的には中里愛菜ちゃんの最高傑作だと思っている。なんといっても、照れと恥じらいの表情がすごくいい

キス、フェラ、ハメ、そしてぶっかけとひととおり終わったら、今度は中里愛菜ちゃんが親友を紹介……。とにかく出演女優のレベルが高いので、この手の作品が好きな方はぜひ一度観てみてほしい

なおこのシリーズは5まで続いて、どの作品も出演女優のレベルが高いと評価されている。この手のAVが好きな方は、ぜひ一度観ていただきたい。特に中里愛菜ちゃんのような娘がタイプなら、記念すべき1作目は超オススメだ!!

東北弁を話す人妻で抜きに抜きまくった20年来の思い出

インターネットの回線速度が今ほど速くなかった時代、私は某出版社の編集部で、雑誌の付録CD-ROMの制作に携わっていたことがあった。雑誌の編集もして、CD-ROMに収録するフリーソフトや画像などを集めて、CD-ROM自体も制作する。回線速度が遅いせいで、今のように自在にネットから画像や動画を収集することができず、付録CD-ROMがありがたがられたのだ。

そんな時代、とある雑誌の付録CD-ROM十数枚のヌード画像が収録された。そして本屋の立ち読みでそのことを知った私は、即効で購入。大切に保存していた。その画像というのがコレだ。

この女性は村上ゆうちゃんといって、1990年代に活躍したAV女優だ。AVの出演作も何タイトルかあるが、この時代にSM雑誌を好んで購入された方は、そちらで縛られた姿をご覧になったことがあるかもしれない。いずれにせよ20年以上大事に保存していたのだから、私がいかにゆうちゃんに惹かれたかおわかりいただけようというもの。この目がとろんとした感じがたまらないのだ。ただ、動画は残念ながら少ない。見つけられない。そんななか、唯一のお宝動画がコチラである。


東北弁で人妻を演じる村上ゆうちゃん。ずっと関東地方にいる私としては、一度でいいから方言をしゃべる女性との逢瀬を楽しみたいと思っている


人妻を脱がせて、オナニーさせて……このゆうちゃんの本気オナニーがまたよくて、ここでつい抜いてしまいそうになるが、ぐっとこらえてクライマックスへ


生フェラ、生ハメ、そしてザーメンを顔にぶちまけてのお掃除……いやぁ、もう完璧すぎて泣けてく……じゃなくて抜けてくる

おそらくはシリーズものの流出なのだと思う。AVに出演を希望する東北で酪農を営む人妻のところに出向き撮影をするという内容なのだが、主演男優(兼監督?)が人妻を演じるゆうちゃんに対し、「○○○○○における、最後の若奥様の作品……」と言っていることから、流出ものであることは間違いない。流出だから、当然、モザイクなしの無修正。しかも生フェラ生ハメ、そしてフィニッシュは顔射だから、もう完璧。目の前で人妻を裸にし、オナニーさせ、その身体を堪能したあとザーメンで顔を白く汚す……完璧すぎて言うことはなにもない

ただ、これほどのお宝、どこで見つけたのかは今となっては思いだせないのだ。裏ビデオから自分で動画にしたような気もするし、どこからか落とした気もするし……。たぶん前者であるとは思う。ゆうちゃんの流出作品は、調べたところ結構あるらしいので。

それにしても画像のプロパティ更新日時を見ると、1996年4月とある。本当に長く保存していた写真なのだ。ちなみにファイル形式はBMP。パソコンにくわしい方は、BMPの画像をCD-ROMに収録していたというだけで、いかに昔のものか想像つくだろう。やはり思い出はいい。もっとも私も下半身はまだまだ元気なので、新しい思い出作りに励まねば、と思っている。

思い出作りに協力していただける女性の方、ぜひご連絡を (*´▽`*)

<PR:人気女優のシミつき下着、多数出品中>

これが一般に販売されたラブホ盗撮ビデオなのか!?

ラブホテルの部屋に盗撮用のカメラが仕込まれていて、プレイの一部始終が撮影され、販売までされていた!! 昔から都市伝説のように言われ続けている話だが、笑い話ではない。実際、これで逮捕者がでている。そしてFC2動画アダルトで公開されている動画を見ると、「もしかしてこれが盗撮された動画なのか?」と思うものがあったりするから、背筋が寒くなる。


本物の場合を考慮して、写真には私のほうで目線を入れておいた。公開されている動画には、当然入っていない。顔がもろバレ状態で、モザイクなしの無修正だから、これら一連の動画にはヤバイ臭いがプンプンする

たとえば2003年12月には、警視庁が健康食品販売会社を経営していた杉崎兼男ビデオ販売業者の3人を、わいせつ図画販売目的所持と名誉毀損の疑いで逮捕している。逮捕された杉浦は、東京神奈川のラブホテルに客としてチェックインしたあと、天井に穴を開けて小型カメラ発信器を仕込み、偽装用の照明で巧妙に隠し、ラブホテルそばのアパートで映像を受信していたのだという。その映像がビデオ化され、ビデオ販売業者の手で売られたのだが、たまたま客の1人が自分の映ったビデオがあるのに気づき、警視庁に告訴したのが運の尽き。逮捕に至ったのだが、供述で「5~6年前から盗撮を始め……」と語っており、タイトル数はそれなりに多かったのではないかと考えられる。

ちなみにFC2動画アダルトで公開されている盗撮ものと思われる動画には、回転ベッドが写っている。映像もかなり古いように思えるから、杉浦が盗撮したものではない可能性は高い。たんなる盗撮モノもどきAVの可能性だってある。ただ、風営法改正で回転ベッドが禁止され、その姿が完全に消えたのが2003年。杉浦は逮捕される5~6年前から盗撮を始めたと語っているから、可能性を完全には否定できないのだ。

1997年ぐらいから2003年、つまり杉浦が盗撮したと話している期間、東京と神奈川のラブホに行った記憶がある方は、一度チェックしてみてはいかがだろうか。私も念のためすべて見て、今のところ出演していないことは確認している。ただ、定期的に新しい動画が公開されているようなので、今後どうなるかは予断を許さないが……。

<PR:人気女優のシミつき下着、多数出品中>

「輪姦少女」?を探して……

確か私が高校生だったころ、私が自転車でひそかに通う小さな本屋があった。逆凹のレイアウトで本を並べていたその本屋は、『劇画スペシャル』や『漫画ローレンス』『漫画エロトラブ』『漫画ユートピア』『漫画プラザ』『漫画スーパーエロス』『スーパーコミックス』『Vコミック』といった成人向けのエロ劇画誌やアダルト雑誌だけを並べ、性に目覚めようとしていた私にとって、刺激的すぎるオアシスだったのだ。そしておそらくこの本屋で買ったエロ劇画誌だったであろう。いまだに忘れられない、どうしても探しだしたい漫画がある

まず時代だが、学園ドラマ『3年B組金八先生』が世間の話題をかっさらったときである。教師役の武田鉄矢を筆頭に、第1シリーズからは田原俊彦、近藤真彦、野村義男、杉田かおる、鶴見慎吾、三原じゅん子を、第2シリーズからは沖田浩之、川上麻衣子、ひかる一平、伊藤つかさといった、その後の芸能界に多大なる影響を与える人材が次々と世に送りだされていた、あの時代だ。なかでも私が夢中になったのが、八重歯がかわいい伊藤つかさちゃんで、アイドルの写真集を買ったのも、このときが初めてであった。そして私が探しだしたいという漫画も、このつかさちゃんが関係している。

おそらくは、つかさちゃんが最初のデビュー曲、「少女人形」をリリースしたあとだったはず。というのも、その漫画のタイトルが確か、「輪姦少女」か「輪姦人形」で、デビューしたてのアイドルがライバル芸能事務所の罠に陥り、多数のヤクザものにまわされ処女を失い、芸能界から姿を消すという内容だったからだ。つかさちゃんを意識した設定だったからこそ、私の印象に強く残ったのである。

20160612-2a
写真■デビューした直後に大ファンになり、当然、このレコードも買った。八重歯がとてもチャーミングで、胸キュンがとまらなかった記憶がある

うろ覚えながらストーリーをもう少しくわしく解説すると、テレビ局に売りこみにきた話題の少女アイドルと男性マネージャー。しかしライバル芸能事務所の女社長からしてみればおもしろくなく、男性マネージャーを脅迫し、少女アイドルをとある場所に連れだす。そこには何人ものヤクザが待ちかまえており、男を知らない処女の少女アイドルに襲いかかり、ビデオを撮りながら輪姦するのだ。そのビデオを裏ビデオとして非合法で流通させ、少女アイドルが二度と世間にでられないようにするのが、女社長の目論見なのである。そして漫画のシメの文句の内容は確か、「少女を二度とテレビで見ることはなかった」だったはずだ。つまり、女社長の非常な罠が、1人の純真無垢な少女の人生をめちゃくちゃにしたのである。

おそらくは読み切りとして掲載されたこの漫画、エロ劇画誌の名前や作者の名前、すべてがわからない以上、ヤフオクなどのオークションに出品されているエロ劇画誌の表紙や目次画像をかたっぱしからチェックするしかない。しかし、長年探し続けて見つからず、知っている方がいれば教えてほしいと思って、ここに書いた次第だ。「いま、ヤフオクに出品されてますよ」とか「その漫画雑誌、もってますよ」という方がいたら、ぜひご連絡を。少なからぬ謝礼はするつもりなので、私の思い出のレイプ漫画、ぜひ探すのにご協力いただきたい!!