この女性なら横領した金を貢いでも惜しくはない!!

業務上横領は、いつの時代にも起こる。近年では、北越紀州製紙の子会社、北越トレイディングで出向社員が起こした事件が最高額。この事件の犯人、羽染政次容疑者は、なんと25億円もの金を着服し、愛人や自分の趣味の釣りに惜しげもなく投じていたという。ただ、『週刊現代』が報じるところによれば、肉体関係までいった愛人はそれほど多くないのだそうだ。私なら、25億円あれば、愛人とハメ撮りしまくりで、夢の“ハメ撮り1000人斬り”を目指していただろう。ただ、もしこの動画のような女性と出会えていたら、1000人斬りをあきらめてしまうかもしれない。

この動画はつい最近、FC2動画アダルトで見つけたもので、タイトルは「コンパニオン 前編」と「コンパニオン 後編」。いやぁ、この女性にはひさびさにハマった。意外に思われる方は多いかもしれないが、私はこの手のタイプにめちゃくちゃ弱い。コンパニオンと言いながらケバいところがなく清楚な雰囲気がありキスもフェラもSEXもねったりというタイプに、情けなくなるほど弱いのだ。


「えっ、そうなの?」と疑問に思われる方もいるとは思うが、私はこの手のタイプにめちゃくちゃ弱い。なぜ弱いかは、動画を観ていただけると少しはわかっていただけると思う。このおっとりとした雰囲気が実にいいのだ


ねっとりとしたフェラ、そして生ハメもなにかこうゆっくり時が流れるようで、すばらしすぎる。あと、このハメ撮りをした男性は、すごーく私と趣向があっているのだと思う。ぜひお友達になりたいものだ

この動画がハメ撮り流出ものか、AVの流出ものなのかは、今のところわからない(知っている方がいたらヘルプ!!)。しかし、本当にもし私が羽染容疑者のように横領できる立場にいれば、この女性には貢ぎまくってしまっただろう。顔がキレイ身体がキレイ、そしてオマンコもピンクで最高にキレイとなれば、ハマらないわけがない。それこそハメ撮りコレクションを100本ぐらい作ってしまうだろう。


身体がなんというかナチュラルで、どこを見渡してもつくられた感じがしないのもまたいい。そしてきわめつけはピンクのオマンコ。いやぁ、こんなコンパニオンがいたら、本当に全財産投げだしてしまいそう

ちなみにタイトルで「横領した金を貢いでも惜しくはない!!」と書いているが、私が業務上横領しているということではないことをお断りしておく。なにしろ今の会社は、ビルを逆さに振っても金はでてこないところなので、横領したくても無理なのだ。北越紀州製紙のような子会社もなく、横領の「お」の字に触れることすらかなわない。ただ、25億円の代償でオナニーすら自由にできない刑務所暮らしになるくらいなら、マジメに生きるのがベストだと、本当にそう思う。

東北弁を話す人妻で抜きに抜きまくった20年来の思い出

インターネットの回線速度が今ほど速くなかった時代、私は某出版社の編集部で、雑誌の付録CD-ROMの制作に携わっていたことがあった。雑誌の編集もして、CD-ROMに収録するフリーソフトや画像などを集めて、CD-ROM自体も制作する。回線速度が遅いせいで、今のように自在にネットから画像や動画を収集することができず、付録CD-ROMがありがたがられたのだ。

そんな時代、とある雑誌の付録CD-ROM十数枚のヌード画像が収録された。そして本屋の立ち読みでそのことを知った私は、即効で購入。大切に保存していた。その画像というのがコレだ。

この女性は村上ゆうちゃんといって、1990年代に活躍したAV女優だ。AVの出演作も何タイトルかあるが、この時代にSM雑誌を好んで購入された方は、そちらで縛られた姿をご覧になったことがあるかもしれない。いずれにせよ20年以上大事に保存していたのだから、私がいかにゆうちゃんに惹かれたかおわかりいただけようというもの。この目がとろんとした感じがたまらないのだ。ただ、動画は残念ながら少ない。見つけられない。そんななか、唯一のお宝動画がコチラである。


東北弁で人妻を演じる村上ゆうちゃん。ずっと関東地方にいる私としては、一度でいいから方言をしゃべる女性との逢瀬を楽しみたいと思っている


人妻を脱がせて、オナニーさせて……このゆうちゃんの本気オナニーがまたよくて、ここでつい抜いてしまいそうになるが、ぐっとこらえてクライマックスへ


生フェラ、生ハメ、そしてザーメンを顔にぶちまけてのお掃除……いやぁ、もう完璧すぎて泣けてく……じゃなくて抜けてくる

おそらくはシリーズものの流出なのだと思う。AVに出演を希望する東北で酪農を営む人妻のところに出向き撮影をするという内容なのだが、主演男優(兼監督?)が人妻を演じるゆうちゃんに対し、「○○○○○における、最後の若奥様の作品……」と言っていることから、流出ものであることは間違いない。流出だから、当然、モザイクなしの無修正。しかも生フェラ生ハメ、そしてフィニッシュは顔射だから、もう完璧。目の前で人妻を裸にし、オナニーさせ、その身体を堪能したあとザーメンで顔を白く汚す……完璧すぎて言うことはなにもない

ただ、これほどのお宝、どこで見つけたのかは今となっては思いだせないのだ。裏ビデオから自分で動画にしたような気もするし、どこからか落とした気もするし……。たぶん前者であるとは思う。ゆうちゃんの流出作品は、調べたところ結構あるらしいので。

それにしても画像のプロパティ更新日時を見ると、1996年4月とある。本当に長く保存していた写真なのだ。ちなみにファイル形式はBMP。パソコンにくわしい方は、BMPの画像をCD-ROMに収録していたというだけで、いかに昔のものか想像つくだろう。やはり思い出はいい。もっとも私も下半身はまだまだ元気なので、新しい思い出作りに励まねば、と思っている。

思い出作りに協力していただける女性の方、ぜひご連絡を (*´▽`*)

<PR:人気女優のシミつき下着、多数出品中>

地下アイドルの初めてのビデオがハメ撮りって、これホント!?

地下アイドル」という言葉に“イヤラシイ響き”を感じるのは、おそらく私だけではあるまい。AKB48もある意味、このくくりに入るが、現在は「ライブアイドル」とも言うそうで、劇場でのライブ活動を通じて大ブレイクした彼女たちは、確かにこの呼び方のほうがふさわしい。

実は私、こういう呼び方には無頓着なところがあり、ライブアイドルだけでなく、そのほかの「インディーズアイドル」や「リアル系アイドル」も、この原稿を書くまで知らなかった。テレビで聞いたことがあっても、頭に残っていなかったのだ。「なんと呼ばれようとAKB48はAKB48」というふうに考えるのが私の常だから、呼称には興味がないのである。ただ、地下アイドルという呼び名だけは、結構昔から知っていた。それはこの動画を見つけたためである。

この娘が地下アイドルかどうかは、私には正直わからない。動画のファイル名が「素人地下アイドルの実態 しっかり口内発射を決められる!」となっていたからそう思っていただけで、たんなるAVの流出という可能性もある。しかし、しかしだ。私はこの普通っぽい顔立ちに胸キュンしてしまい、繰り返し見ては抜きまくっている

さやかと名乗るこの娘は、本当にいい! すばらしくいい!! いかにも地下アイドルという顔立ちが私の息子を奮い立たせるのだ!!

動画は、「さやかです。いつも写真購入していただいてありがとうございます。今回は初のビデオです。みんな、楽しんで見てください」というあいさつからスタート。この娘がサービス精神旺盛で、かつ撮影中はずっと笑顔でいるものだから、こっちもつい楽しくなる。そして服を脱いだあとは、バスルームへ移動。オッパイもくびれも顔立ち同様、ごくごく普通だが、それがいい。普通ぽいからこそ、地下アイドルという動画タイトルの説得力につながるのだ。


サービス精神旺盛なのもいい。いやぁ、本当にこういう地下アイドルがいたら、全力全財産をもって応援するのだが……(もちろんヤラせてくれるのが大前提で)

風呂からあがったあとは道具を使ったオナニーシーンへと進み、長い時間をかけてフェラをさせたあと、コンドームをつけずに生で挿入。正常位からバック、そしてもう一度正常位で突き上げたあと、最後にさやかちゃんの口をめがけてザーメンをぶちまける。欲を言えば私は口ではなく、顔を思いっきり汚してもらいたかったが、これはぜいたくというものだろう。最後、さやかちゃんに、「よろしくお願いしまーす。もっとがんばりまーす」と言わせているのも見事。私が見つけた無修正モノのなかでは、お気に入りの3本指に入る。


さやかちゃんは、はっきり言ってフェラがすごくうまい。ヘタなほうがそそるのだが、まぁこれはこれでOKである


最後に「よろしくお願いしまーす。もっとがんばりまーす」と言わせるのは見事だが、動画は変な終わり方をしている。もしAVの流出なら、オリジナルを一度観てみたいのだが……

1つこの動画で許せないのが、撮影者にプロ意識がないのか、タバコを吸いながら撮影を開始していることだ。「タバコを吸うな!」と言う気はないが、女の子がしゃべり始めているのに煙がモワッと入ってくるのは興ざめしてしまう。プロなら絶対にやらないはずだが、やはりこの動画は地下アイドル流出モノということなのだろうか? 無修正ということもあり、いろいろと想像してしまう私がいる。知っている方、ぜひ私のモヤモヤを晴らしていただきたい。

これが一般に販売されたラブホ盗撮ビデオなのか!?

ラブホテルの部屋に盗撮用のカメラが仕込まれていて、プレイの一部始終が撮影され、販売までされていた!! 昔から都市伝説のように言われ続けている話だが、笑い話ではない。実際、これで逮捕者がでている。そしてFC2動画アダルトで公開されている動画を見ると、「もしかしてこれが盗撮された動画なのか?」と思うものがあったりするから、背筋が寒くなる。


本物の場合を考慮して、写真には私のほうで目線を入れておいた。公開されている動画には、当然入っていない。顔がもろバレ状態で、モザイクなしの無修正だから、これら一連の動画にはヤバイ臭いがプンプンする

たとえば2003年12月には、警視庁が健康食品販売会社を経営していた杉崎兼男ビデオ販売業者の3人を、わいせつ図画販売目的所持と名誉毀損の疑いで逮捕している。逮捕された杉浦は、東京神奈川のラブホテルに客としてチェックインしたあと、天井に穴を開けて小型カメラ発信器を仕込み、偽装用の照明で巧妙に隠し、ラブホテルそばのアパートで映像を受信していたのだという。その映像がビデオ化され、ビデオ販売業者の手で売られたのだが、たまたま客の1人が自分の映ったビデオがあるのに気づき、警視庁に告訴したのが運の尽き。逮捕に至ったのだが、供述で「5~6年前から盗撮を始め……」と語っており、タイトル数はそれなりに多かったのではないかと考えられる。

ちなみにFC2動画アダルトで公開されている盗撮ものと思われる動画には、回転ベッドが写っている。映像もかなり古いように思えるから、杉浦が盗撮したものではない可能性は高い。たんなる盗撮モノもどきAVの可能性だってある。ただ、風営法改正で回転ベッドが禁止され、その姿が完全に消えたのが2003年。杉浦は逮捕される5~6年前から盗撮を始めたと語っているから、可能性を完全には否定できないのだ。

1997年ぐらいから2003年、つまり杉浦が盗撮したと話している期間、東京と神奈川のラブホに行った記憶がある方は、一度チェックしてみてはいかがだろうか。私も念のためすべて見て、今のところ出演していないことは確認している。ただ、定期的に新しい動画が公開されているようなので、今後どうなるかは予断を許さないが……。

<PR:人気女優のシミつき下着、多数出品中>

『余命1ヶ月の花嫁』のAV出演疑惑のおかげで見つけた私のオナペット

TBS系で放送されたドキュメンタリー『余命1ヶ月の花嫁/乳がんと闘った24歳 最後のメッセージ』、そしてその映画版『余命1ヶ月の花嫁』をご覧になられた方は多いと思う。特に映画は主人公の故・長島千恵さんの役を榮倉奈々さんが演じて話題になり、30億円を超す興行収入をあげて大ヒットした。しかしその裏でAV出演疑惑がもちあがり、別の意味で週刊誌を騒がせた。

私は実は『余命1ヶ月の花嫁』を一度も観たことがなく、AV出演疑惑に関しても特に興味はなかったが、そのタイトルが『悪徳プロダクション流出ビデオ 素人強姦面接3』だったことと、監督がかなりエグイ作品を撮ることで著名な相川誠二氏だったため、シリーズ全部借りて見た。そして見つけてしまった。私の理想的な女の子、理想的なオナペットを……。

実のところ私は、故・長島千恵さんがAVに出演していたところで、本人ががんと必死に戦い、多くの人を感動させたという事実には変わりがなく、まったくもってかまわないと思っている。だから『素人強姦面接3』の疑惑の出演シーンも、ざっと見ただけですませた。ぶっちゃけ、強姦でもなんでもなく、ごくありきたりのAV面接風景だったから、一瞬で興味が失せたのだ。ただ、出演疑惑で取り上げられたAVはこの1タイトルだけだから、仮に本人であれば、“素人”の部分であれば正しいといえよう。


こちらが疑惑のシーンだが、AV面接ものとしてはごく平凡的な展開なので、正直一度も抜いたことがない

さて、相川誠二氏の作品は女性の扱いが乱暴に見えるので実のところちょっと引くところもあるのだが、『悪徳プロダクション流出ビデオ 素人強姦面接1』のみかちゃんのシーンだけは別。19歳の専門学校生というみかちゃんは、おっとりタイプながら、プレイがめちゃくちゃエロイ。最初、「ちょっと恐いなぁ、周りの子とかにバレちゃったりー」とか、「顔はね、だしてほしくないんですよ」とか言っているのだが、相川監督との絡みが始まるとすぐに濡れ濡れになり、監督のペニスから足指、さらにはアナルまでていねいになめまくるのだ。これぐらいかわいくてエロエロだとSEXが本当に楽しいものになるだろうと思い、「こんな彼女がいたら幸せだろうなぁ」と思いながら私は何度も抜きまくったのである。


みかちゃんは超ぷりてぃで、超私の好み!!


そしてみかちゃんは、なんといっても超エロい!! 足の指からアナルまで、本当にていねいになめてくれる。こんな彼女がいたらもう毎日が絶対ハッピーなはず!!

素人強姦面接のシリーズは一般にあまり高い評価を受けていないが、みかちゃんというオナペットを見つけられただけでも、私にとってはすばらしいAVである。惜しむらくはモザイクが大きすぎて見づらいシーンが少なからずあること。だから無修正版が海外で発売されたら、どんな手段を使っても手に入れるだろう。というわけで、みかちゃんのほかの出演作や、無修正版の存在を知っている方がいたら、ぜひコメントに書きこんでいただきたい。

元オリンピック日本代表のデビューAVがamazonで絶賛の嵐!!

元AKBとか、国民的アイドルとかいうウリ文句が踊っていても、自分の好みでなければ見る気が起こらないのだが、今井メロちゃんのAVはぶっちゃけ見たい! 整形した顔が好みだというのもあるが、やはりオリンピックで活躍したシーンが記憶の片隅に残っていると、抜くときの感慨もひとしおだと思うのだ。

私自身、整形にはまったく興味がないが、だからといって否定する気はない。といっても、すっぴん好きな私としては、整形したAV女優には興味を示さないのが常であった。ただ今井メロちゃんの場合、トリノオリンピック2006で活躍していたころの顔立ちから好きだったので、その雰囲気が残る整形後の顔立ちにあまり抵抗がないのだ。

それともう1つ、同じく冬季のオリンピックで活躍し、一時期乱れた生活を送っていた里谷○英ちゃんの六本木事件動画で抜きまくったという思い出があるからだ。ぶっちゃけ彼女こそAVの道を歩んでほしかったと思うが、それは今後に期待しよう。

さて今井メロちゃんだが、彼女は自叙伝『泣いて、病んで、でも笑って』の中で、過去のレイプ被害について告白している。オリンピックでの惨敗後、精神や生活がめちゃくちゃになってしまったことに対して、私個人としては同情する気持ちが強く、AV出演を機に力強く生きてほしいと思う。

さて、MUTEKIから発売されたばかりのデビュー作『snow drop 今井メロ』だが、こちらはamazonのアダルトカテゴリーで早々とベストセラー1位を取り、レビューも8件で平均3.8と、出足好調(すでに入荷待ち状態)。自叙伝は子供をもつ親から叩かれまくったが、こちらは男性の熱い支持を得ているようだ。次回作の『SNOW OUT 今井メロ』もおおいに期待していいだろう。ちなみにamazonでは現在、入荷待ちだが、DMMでは在庫があるようだ。いますぐ見たい方は、在庫がなくなる前に購入しよう。

万引きの罰が手コキってどういうこと?

女性が万引きしているところを店長や店員に見つかって無理矢理ヤラれる……というシナリオAVは、まぁよくある。しかし、これから紹介するパターンは斬新で、これまで一度も観たことがなかった。それは、万引きした男子高校生が女性店員に見つかり手コキされるという動画だ。

sx20161106-1a
写真■万引きしている瞬間を抑えられ、部屋に連れてこられた男子高校生。顔面蒼白の状況である

元ネタがわからないので正確なことは言えないのだが、おそらくは個人経営の書店を舞台にしたAVなのだろう。マンガ本を万引きした男子高校生を部屋に連れてきて、名前や住所を書くように命じる。「二度とやりません」と男子高校生は必死に書くことを拒むが、女性店員は許さない。優柔不断な態度にビンタをくらわすわ、ライターをつけて「生意気言ってると燃やしちゃうよ」と言って脅すわ、シャーペンで手の甲に「変態」と書こうとするわ、かなり気の強いというか、ヤバイ系のオバサンである。そしてなによりスゴイのは、このやりとりが冒頭から15分以上続くことだ。こんなAV、観たことがない。

sx20161106-1b
写真■そしてなによりも恐ろしいのが、この女性店員。ライターに火をつけて脅すなど、いまなら逆に訴えて勝つかもしれない、ありえない行為だ

そしてカバンの中にあるエロ本の文字「おっぱい天国。108人のおっぱい」の文句を読み上げ、「ねぇ、これ見てなにするの? マスターベーションどんなふうにやってるの?」と責める。それに対し男子高校生が「一般的な……」と言葉を濁すと、「オバサン、わからないなぁ。やってみて。あんた、帰りたいんでしょ」と命じるのだ。このあたりのくだりが実におもしろく、正直、かなり興奮した。そして目の前でオナニーをさせるのだが、男子高校生がカバンの中にエロ本といっしょに持っていた、おそらくはこれも万引きしたであろうオナニーホールやローションを取りだし、ペニスをもてあそび始めるのだ。

sx20161106-1c
写真■そして男子高校生にオナニーさせるのだが、女性店員がまったく興奮していないのが実にいい。演技もここまで徹底していると、すがすがしささえ感じる

手コキする、道具を使って遊び、いずれにせようらやましいシチュエーションだが、男子高校生としては万引きした身で、本当に家に帰してもらえるかわからないので、すべてが受け身である。それがまたよくて、強引なところがないのだ。だからダラダラと手コキが続くのだが、そうこうしているうちに自分の胸をもませたり、フレンチキスをしたりと、少しずつ行為がエキサイトしていく。とはいえ、あくまでも手コキがメイン。そこでフェラやSEXまでいかないところが斬新で、実にいい。女性店員は、胸こそ見せてもませたりなめさせたりするものの、下半身へのタッチや披露はいっさいなし。ここまで徹底していると、すがすがしかったりする。そして最後も手コキで、放出したザーメンを男子高校生の口に塗り、フレンチキスで終わり。いやぁ、最近、見つけた動画のなかでは、ツボにはまった1つであった。

sx20161106-1d sx20161106-1e
写真■ふつうのAVならここでフェラからSEXへと進展するのだが、それはいっさいなし。男子高校生に命令し、胸をもませて、なめさせて、というところで止めているのが、逆に興奮してしまう

sx20161106-1f
写真■そして手コキでイカせたあと、「もう絶対しないでね」と言って男子高校生をなだめて終わる。こういう思いができるなら、一度ぐらいは万引きして捕まってみたいものだ(絶対にしないけど)

いろいろ探してみたが、現在、アップされているのはFC2動画 アダルトのみ。タイトルは、「万引きして女性店員に捕まって手コキされました!」である。とにかく元ネタのAVが観たいので(あれば、だが)、タイトル、そしてこのオバサンの女性店員の名前がわかる方は、ぜひともコメント欄で教えていただきたい。

p.s.
別館のほうにコメントをいただき、ラハイナ東海の『万引きした店の女性店員に強制手コキされちゃった僕』であることがわかりました。さっそく見ましたけど、3つのパターンのうち、2番目のこの映像の女性店員がベストでした。

情報、本当にありがとうございました m(_ _)m

※リンク切れ注意

弟にオナニー中継しているところを見られたら……

オナニーしているところを家族に見つかる……、これはもう最悪の瞬間であろう。それが中・高校生の思春期のころならなおさらである。変に指摘されたりすると親子の関係が壊れかねない。親としても、子供としても、本当に難しい瞬間だ。私の場合、実家が一戸建てで2階に私の部屋を作ってくれたため、見つかることはなかった。ただ、ベッドの上で激しくオナると下まできしむ音が届くようで、一度だけ母親に指摘されたことがある。「なにかしているの?」と。30年以上も前の、1万円程度の安い組み立て式ベッドだったのが悪かったのだろう。

さて、日本人は世界のなかでもマジメな人種と言われる。たとえばこの動画は、ライブチャット配信中の娘に弟が飲み物をもってきた瞬間をとらえたものだが、娘はなんとオナニー中。手渡された瞬間、そしてそのあとのリアクションがなんともいえず、思わずにやけてしまった。日本の女性なら、さすがにこうはならないだろう。バツの悪さと怒りで、「なんで入ってくるの!!」と逆ギレするのではないかと思う。もっとも最近の女の子は、どうかわからないが。

sx20161022-1a sx20161022-1c sx20161022-1b

アダルト動画:ビデオチャット中 弟が部屋に入ってきた! 有名な動画ですね

ちなみに彼女の国籍は、いまのところわかっていない。ただ、英語圏であるのは確か。父親に手渡されたジュースはドイツの飲料メーカー、ヴィルド社のカプリソーネで、パッケージに書かれた「CAPRISUN」は英語圏用の商品名。ときどき発する言葉からしてアメリカ人では? と思うのだが、FC2動画アダルトだとそこまでわからないので、知っている方がいたらぜひコメントに書いていただければと思う。

レイプ後、自殺されるとトラウマに……

私は、美しくないレイプシーンがキライである。顔中血まみれ状態でのレイプシーン、泣き叫び鼻水を垂れ流しながらのレイプシーン、ひどいケガを負い死が近い状態でのレイプシーン、どれも美しくない。だから私は、犯罪としてのレイプがキライなのだ。レイプ好きを公言し、さらにはこのようなサイトを運営している私に対して、「やっていることと言っていることが矛盾しているのでは?」と突っこみたく方がいるかもしれないが、事実は事実。女性のかわいさ、美しさが残っていてこそ、その女性の泣き叫ぶ姿、凌辱されるシーンに、すさまじく興奮するのである。

せいぜい許せるのは、顔は軽く唇を切ったぐらいの傷。処女なら、処女膜が破れたときにでる血ぐらい。後者はたとえば、処女喪失物でデビューしたAV女優が、男たちにレイプされて処女を散らすシーンといったようなもの。この程度はOKである。エスカレートしすぎて私の心の中に“哀れみの気持ち”が生まれてしまうと、ナニが一気にしぼんでしまう。そうなるともう、抜くどころではない。

さらにいえば、レイプされた直後に殺されたり、自殺するシーンがあるのも興ざめしてしまう。特にレイプシーンで抜いたあと、被害者の少女が飛び降り自殺して血まみれで倒れているシーンがあると、罪悪感にさいなまれてしまうのだ。これはおそらく、映画ロサンゼルスと、にっかつロマンポルノの制服処女 ザ・えじきの自殺シーンを若いころに見たせいだろう。

20160617-1a
写真■『ロサンゼルス』はその昔、テレビでも何度となく放映されているので、40歳以上の方なら記憶に残っているだろう。私も10代のころにテレビで見て衝撃を受けた

チャールズ・ブロンソン主演の『ロサンゼルス』では、娘役キャロルのロビン・シャーウッドチンピラからレイプされたあと、一瞬の隙をついて逃げだし2階の窓から飛びだすものの、着地点にあったビルを囲む尖った塀に串刺しになり死んでしまう。キャロルは、強姦されたショック(前作『狼よさらば』の娘役はキャスリーン・トーラン)で療養生活を送り、ようやく家に戻ってきたところをまたレイプされるという悲劇的な役。個人的には素朴な雰囲気が漂うロビン・シャーウッドはツボで、このレイプシーンで何度も抜いたものだが、それでも串刺しで死ぬという展開はあまりにかわいそうで、少しだけトラウマになった記憶がある。

20160617-1b
悲惨な死に方をする娘役のロビン・シャーウッド。個人的には、こういう素朴な感じがする女の子は、ツボである(『ロサンゼルス』より)

20160617-1c
『ロサンゼルス』の有名なレイプシーン。誘拐され、廃墟となったビルに連れこまれたあと、チンピラに凌辱される。このときのうつろな表情が実によく、これで何度抜いたことか。ただ、このあと逃げだすことに失敗し、かわいそうに死んでしまう『ロサンゼルス』より)

『制服処女 ザ・えじき』では、主役の女子高生役、倉田ひろみちゃんがとにかくかわいく、校舎の屋上でセーラー服を破かれレイプされるシーンは、私の性癖に多大なる影響を与えた。すなわち、セーラー服レイプ物が好きでたまらなくなってしまったのである。倉田ひろみはにっかつロマンポルノの最盛期に、ロリ系AVアイドルとして活躍していたため、覚えている方も多いのではないだろうか。校舎の屋上でのレイプ、さらには歩道橋で周りを人が歩いているなかでのレイプと、見どころ・抜きどころが満載。もっとも屋上でレイプされたあと放心状態となり、発作的に飛び降り自殺してしまうシーンにはかなりのショックを受けたが……。

20160617-1e
校舎の屋上でセーラー服を剥ぎ取られ、無理やりレイプされる倉田ひろみ。華奢な体型だったからこそ、セーラー服が実に似合っていた。ただ、レイプされて処女を失ったショックからか、このあと放心状態のまま屋上から飛び降りて死んでしまうのだ『制服処女 ザ・えじき』より)

20160617-1f
飛び降り自殺したはずの倉田ひろみが、歩道橋の上でレイプされるシーンが最後にある(ゲリラ撮影のため、背景にいる人たちは一般の人たちらしい)。「なぜ?」と思う方は、DMMでストリーミング動画が販売されているので以下をクリックして確認していただきたい(『制服処女 ザ・えじき』より)

20160617-1d
公開年が1986年なので、ちょうどいまから30年前の作品。レンタルビデオで借りて見た記憶が少しだけあり、それは20代前半のころだったのではないかと思う

『制服処女 ザ・えじき』
発売元:にっかつ
興奮度:★★★★
入手難易度:★★★★(ヤフオクや中古ショップなどで中古VHSを入手可能)
動画視聴:DMMで動画配信中(以下のリンクをクリック)

トラウマにはなりたくないのだが、好みの女性がレイプされるシーンで思いっきり抜きたい。このジレンマにつきまとわれながら新たなレイプシーンを探し求める、そう男とは悲しい生き物なのだ。

<PR:人気女優のシミつき下着、多数出品中>