化粧美人とすっぴんブス、あなたはどちらを選ぶ?

先日から、刺激X常連のユミコさんからズリネタ写真をいただいている。このユミコさんの写真を見ながら、女性はみんな個性があっていいなぁ刺激を与えてくれるなぁ、と思う。


ユミコさんからいただいた写真。写真をもらえると「ヤリたい」と思うのは、私だけではないはず

そういえば先日、会社の面々と飲んだとき、ある総務女性が話題にのぼった。5人の参加者のうち、4人が「ちょっと……」と言ったが、私は「全然OK。むしろウェルカム」と即答した。私にとって不潔な女性以外は、どの女性も新たな刺激を与えてくれる存在であり、抱いてみないと本当の価値はわからないとすら思っている。だからなぜ男は選り好みをするのだろう? といつも疑問に思うのだ。

ちなみに私はこれまで小柄な女性から大柄な女性、Aカップ以下の女性からGカップはあると思う女性、赤毛のイギリス人からタイ人まで、いろいろな女性とSEXを楽しんできた。Aカップの女性は、すさまじいほどの美人で、私が出会った女性のなかでも美人度だけなら3本指に入るが、本人も男性のようなAカップ以下の胸を悲しんでいた。ただその気持ちがいじらしく、私はこのような女性を抱けたことを心の底から喜んだ。残念ながら写真撮影NGだったので記録には残っていないが、すばらしい思い出だったことを今でも明確に覚えている。

体格的に最高だったのが、このMさん。体重は100kgを超えていたと思うが、撮影OKだったことと、反応がなかなかよくて、存分に楽しめた。


100kgを超える体格の女性を抱いたのは、このMさんが初めて。それがまた新鮮で、性格もかなりすなおなタイプだったので、いいSEX体験をさせていただいた

とにかく私の場合、シチュエーションが第一で、ノリがよければ心の底から楽しめる。逆に、美人でもノリが悪くてずっと不機嫌な表情でいたり、不潔だったりすると、生理的な嫌悪感が前にでてしまい、ヤル意欲すらなくなってしまうのだ。あと、化粧バリバリだとかなり萎える。言い方が悪くて申し訳ないが、化粧美人より、すっぴんブスのほうが、私はぶっちゃけ好きだ。

ちなみにこの写真は、私が狙っていたある女性の写真。決して美人でなく、胸もおそらくはB前後だった女性だが、私好みの化粧をしないタイプで、心底抱きたかった。しかし彼女もまた、不倫関係はNG派だったため、写真は撮らせてもらったものの、そこから先には進めずフラれてしまった。なかなか世の中、うまくいかないものだと思う。「もし独身だったらOKしてくれる?」と聞いたときは、すなおにうなづいてくれたので、既婚者だったことを心底公開したものだ(ウチのカミさんは多少化粧美人的なところがあり、それが残念)。


心底抱きたくて、何度もアプローチし、食事やドライブも撮影も楽しんだが、最後の一線を超えることはできなかった。写真から彼女がすっぴんであることは、十分おわかりいただけると思う

なにはともあれ、ありのままの姿の女性を抱く、これこそ男の醍醐味だと思うのだが、みなさんはどうだろうか? ぜひコメントでお聞かせいただきたい。

『俺の空』はどこで抜いた?

40歳以上の男性の方なら、きっと読んだことがあるだろう。そして憧れ、うらやましく思ったに違いない。「オレも安田一平のように金持ちの家に生まれ、日本中、いや世界中を旅して、多くの女性とセックスを楽しみたい!」と。そう、本宮ひろ志先生の傑作青春マンガ『俺の空』の話である。私はこのマンガが大好きだったし、なんといっても主人公の安田一平の生き様な読んでいて気持ちがよかった。気持ちがスカっとするのだ。続編の『俺の空 刑事編』も違う意味ではよかったが、男の熱き生き様を感じられるのは、原点となる『俺の空』しかないだろう。

20160706-2a
本宮ひろ志先生の最高傑作マンガの1つ、『俺の空』。あとの巻ではエロシーンは少なくなるが、ストーリー的にはどんどん盛り上がるので、全巻すべて読むのがオススメ

さてこの『俺の空』だが、週刊誌『週刊プレイボーイ』の連載だったこともあり、抜けるシーンがふんだんに盛り込まれている。『週刊プレイボーイ』といえば、1970年代から1990年代にかけて、性に目覚めた中高生がいちばん最初に“見て”、“衝撃を受け”、そして“抜く”という三弾方式で売れに売れた雑誌である。私も10代のころ、『週刊プレイボーイ』と同じ週刊誌の『平凡パンチ』、そして月2回刊の『スコラ』には、さんざんお世話になったものだ。この伝説の雑誌たちもインターネットの普及とともに勢いが失われ、『平凡パンチ』は1988年に、『スコラ』は会社の倒産とともに1999年に廃刊。その出版不況においても『週刊プレイボーイ』は生き残ってきたのだから、これはスゴイことである。

話がそれてしまったが、『俺の空』で私が抜けるシーンのトップ3を挙げたい。私と同じように『俺の空』に夢中になって、抜きまくった方はぜひ比べ、コメント欄に書きこんでほしい。

第3位:『俺の空(1)』沢松夫人とのビル屋上セックスシーン
ビルから飛び降り自殺しようとする男を救うため、男の目の前で男女のセックスを披露して気をとられているすきに捕まえることを警察に提案するも、警察は立場を盾に拒否。このため一平は群衆に向かって自分の相手をしてくれる女性がいないか訴えかけるのだが、誰も手をあげない。そんななか、ただ1人、一平の意見を正しいと思い、みずから名乗りを上げたのが地元大企業の社長夫人、沢松夫人であった。そしてビル屋上でのセックス。旅で知り合った大学生2人組のバージンを奪うシーンとどちらにするか悩みに悩んだが、沢松夫人の勇気に敬意を表して第3位に。本当に僅差ではある。

20160706-2d

20160706-2e
沢村夫人の勇気をたたえて第3位に。人前でのセックスというのが、露出好きの私の欲情を誘ったというところもある
(引用:本宮ひろ志著『俺の空(1)』より)

第2位:『俺の空(1)』川村先生との童貞喪失シーン
やはりこのシーンなくして『俺の空』は語れないだろう。一平が高校を卒業したその日、ひそかに憧れていた高校の女教師、川村先生のアパートに押しかけ、「女の体を教えてもらいたいんです!」とお願いするところからのシーン。すなわち、安田一平童貞喪失シーンだ。私なら、どんなに憧れる女の先生がいても、「ぼくにセックスを教えてください」とは、口が裂けても言うことができない。しかしそれを言ってのける安田一平という男に嫉妬しつつも、この童貞喪失シーンで抜きまくったものだ。憧れの女の先生にオトコにしてもらい! これが私が選ぶ第2位である。

20160706-2b

20160706-2c
川村先生とのこの童貞喪失シーンがあまりに衝撃的だったため、連載からスタートダッシュできたと私は考えている。オマンコの正確な描写がなくても、この最後のコマは想像力で補って十分抜けた
(引用:本宮ひろ志著『俺の空(1)』より)

第1位:『俺の空(1)』あきちゃんの処女喪失レイプシーン
金持ちのバカ息子に目をつけられた、建築現場の飯場で働く可憐な17才の少女あきちゃん。このあきちゃんが一平に恋をし、初めてのキスをしようというところにバカ息子が現れ、2人を襲う。そしてうかつにも殴られて気絶してしまった一平のそばで、服を引き裂かれ、パンティを剥ぎ取られ、無残にもレイプされてしまうのだ。レイプ後に血が流れるシーンがあるわけでもなく、処女とはどこにも書いていないが、いつかは自分にも夢の王子様が現れてくれると『シンデレラ』の絵本を大切にしている女の子が、男性体験があるはずがない。あきちゃん自身、交通事故で両親を失い、引き取られた土建屋のむさい男たちに宝物としてずっと扱われてきたのだ。処女でないわけがない。あきちゃんには気の毒だが、レイプされ処女を失い、挿入されるたびに形のいいおっぱいがゆっくりゆっくりと揺れるこのシーンが、私の抜きシーンの第1位である。

20160706-2f

20160706-2g
好きでもない男にファーストキスを奪われ、カラダをもてあそばれ、処女も奪われる。まだ未成熟なおっぱいがゆっくりゆっくりと揺れ、悲しさと悔しさで涙を流すこのシーンは、私が選び全マンガのレイプシーンのなかでもトップ3にかならず入る。少しでも下半身が興奮してきたら、いますぐ電子書籍版を購入して読むべし!!
(引用:本宮ひろ志著『俺の空(2)』より)

<PR:人気女優のシミつき下着、多数出品中>