皮肉な犯罪ノンフィクションドラマの最高傑作

ロシア(旧ソ連)の地は広大である。広大ゆえに、日本よりもはるかに犯罪捜査は難しく、それが大量殺人鬼を生みだす原因の1つになっているのは間違いない。そうでなければ、1人の人間が少年や少女など52人もの人間を殺害するなど、できるはずがないだろう。そう、これはロシアの連続殺人鬼アンドレイ・チカチーロの話である。

チカチーロが初めて殺人を犯したのは、1978年のことである。9歳の少女を襲い、殺害したのだ。目的は強姦だったが、チカチーロは性的不能に近い状態であったため、勃起しなかった。その代償として少女の身体を切り刻み、血を浴びることで性的興奮を満たしたのだ。


仕事の最中、少女や少年に声をかけて獲物を探すチカチーロ。この映画を観たあと子供をもつ親なら、「絶対に知らないおじさんについていってはダメよ、絶対にね!!」と言わずにはおれないはずだ

この最初の殺人のあと、チカチーロは少女42人、少年11人を殺害。いずれの遺体にもナイフによるめった刺しのあとがあり、なかには性器を切り取られたり、食いちぎられたものもあったという。

これだけの大量殺人を犯せたのは、転職により職場が変わることが多く、また出張の多い仕事に就いたこともあり、被害が広範囲に渡ったことにもよる。しかしそれでも、これだけの大量殺人、それも異常殺人である。捜査にあたった民警の執念はすさまじく、ある日、1人の私服刑事がバス停で少女や少年に話しかけているチカチーロの不審な行動に目をとめる。この私服刑事の名はアレクサンドル・ザナソフスキー少佐といい、のちにロバート カレンが書いた小説『子供たちは森に消えた』(早川書房)の主人公のモデル(ヴィクトル・ブラコフ中佐)となった刑事である。


被害者の遺体を前に、犯人への憎しみを燃やすブラコフ刑事。この刑事役をつとめているのはスティーブン・レイという俳優で、地味ながらも実にいい演技をしている


そしてブラコフ刑事は、とあるバス停で、少女や少年に声をかける怪しげな中年の男に目をとめる。この男こそが連続殺人鬼のチカチーロであり、彼の執念が実った、ある意味、感動的なシーンの1つである。ただしこの逮捕のあと、決定的な証拠がでずに、チカチーロは社会に戻され、そしてまた殺人を繰り返していく

この事件をモチーフにした小説には、トム・ロブ スミスの『チャイルド44』があるが、そのもとになったのは『子供たちは森に消えた』であり、そもそもロバート カレン自体が『ニューズ・ウィーク』のジャーナリストとして当時のソ連に10年にも渡って滞在したという経歴のもち主だから、格が違う。それは、1995年にアメリカでテレビ放送された『ロシア52人虐殺犯/チカチーロ』を観ればわかるかもしれない。

 

最初にお断りしておくが、私は『チャイルド44』を映画化した『チャイルド44 森に消えた子供たち』をまだ観ていない。だから後日、意見が変わるかもしれないが、『ロシア52人虐殺犯/チカチーロ』は当時のソ連の内情を踏まえつつ、異常殺人鬼を追い続ける刑事の執念が実に見事に描かれており、最高レベルのノンフィクションドラマに仕上がっている。事実、このドラマはその年のエミー賞ゴールデングローブ賞テレビ映画部門にノミネートされ、受賞こそ惜しくも逃すも、刑事の上司役を務めた俳優がテレビ助演男優賞を受賞するなど、高く評価された。そしてその翌年には、日本で劇場公開までされている。

実際、Amazonのレビューで、廃版となった『ロシア52人虐殺犯/チカチーロ』のDVDの評価が5件すべて★5となっており、私も★5以外つける気がない。ネタバレになるが、最後、チカチーロを逮捕した刑事たちを群衆が拍手で称えるシーンは胸にジーンとこみあげてくるものがあり、これだけの作品が廃版というのは、本当に残念なことだと思う。しかし、異常殺人鬼の事件がもととなってこれだけの作品を生みだしたというのは、なんとも皮肉なことだ。


その後、5年あまりが経ってから、チカチーロは再逮捕される。それまでの経緯、民警察とKGBのジレンマなどがドラマで実によく描かれており、この再逮捕の瞬間は感動すら覚えるほどだ

チカチーロが少女を殺害するシーンは一応あり、同じくらいの子供をもつ親は目をそむけてしまうだろうが、それ以上の過激なシーンはなく、また時間も短いため、なんとか耐えられるはずだ。もしDVDが再版されたら、ぜひ一度観てほしいと思う。レイプ好きがこの手の映画を勧めることに違和感を感じる人もいるかもしれないが、私はチカチーロと違って殺人鬼でもレイプ犯ではないので、犯罪を扱った映画やドラマは好んで観る。そして感動したら人に勧める。それだけのことだ。

なお『ロシア52人虐殺犯/チカチーロ』の原題は『Citizen X』で、YouTubeで検索すると字幕はないが、オリジナルのフルバージョンがいくつかある。映画自体はアメリカで作られているので、音声はロシア語ではなく、英語である。英語がわかる方は、ぜひ一度観ていただき、『チャイルド44 森に消えた子供たち』と比較してみるといいだろう。

ミス・ロシア、イワノフスカヤ嬢の新たな流出動画を発見

以前、2005年のミス・ロシアに選ばれたアレクサンドル・イワノフスカヤ嬢(Alexandra Ivanovskaya。以下、イワノフスカヤ嬢)のポルノ出演疑惑について報じたが、新たな動画を見つけたのでご報告したい。

sx20161114-1a
この顔立ちはまさにイワノフスカヤ嬢そのもの、だと私は思う

動画は、ポルノ雑誌の撮影風景をカメラで追ったもの。スタッフ、そしてフラッシュが写りまくっているので、ポルノ映画ではおそらくない。山の中にあるペンションらしきところで、男優2人と女優2人のSEXシーンを撮影。私的にソソったのは、ぶっかけで動画を締めていること。男優がイワノフスカヤ嬢らしき娘の顔にザーメンをぶちまけ、その顔のまま女優2人が舌をだしてキスをするようなポーズで終わるのだ。この一連の流れがエロく、何度見ても抜くことができる。

sx20161114-1b sx20161114-1c sx20161114-1d sx20161114-1f
どうやらポルノ雑誌の撮影らしく、映像には頻繁にスタッフが写りこむ。ただそれが臨場感を呼び起こし、最後のぶっかけのシーンではすさまじく興奮してしまった

さて、私がイワノフスカヤ嬢だと思うのは、顔立ちと体型が以前紹介した動画とそっくりなこと。さらに彼女には左目から母の間にかけて小さなホクロがあり、この動画でも同じ個所にそのホクロがあることだ。あと、撮影中以外での雰囲気もよく似ている。この場合の雰囲気というのは“ふるまい”のことで、歩き方やスタッフとの接し方が私的にはほかの動画とかなり近い、と思っている。

sx20161114-1e
ザーメンをぶちまけられたあとの表情がまたいい。注目してほしいのは、左目と鼻の間にあるホクロ。このホクロは、以前紹介した動画にも、実はあるのだ(この動画のほうがちょっとだけ濃い)

ただ、実はこの動画、XVIDEOSからダウンロードしたのはかなり前のこと。ダウンロードデータの整理中に偶然見つけ、再度アップロードを探したのだが、これがわからない。どうやら削除されてしまったようなのだ。動画に大きく入れられたサイト名(WOODMAN CASTING X)は実在するアダルトサイトだが、こちらにも該当する動画はすでになかった。なお、ダウンロードしたときの動画名は「Lolita Russian DP teen」だったので、見たい方はなんとかがんばって探し当ててほしい。

sx20161114-1g
動画のタイトルらしきもの。こちらも探す際の参考にしていほしい

ロシア人の金髪ランジェリーモデルはこんなに抜ける!!

ヌード撮影からハメ撮りまで、これまでいろいろな撮影を行ってきたが、そのたびにコスプレランジェリーを手配しなければならないのが悩みの種だった。使い回しは考えない。なぜなら、自宅の洗濯機で洗っているところを妻に見つかるわけにはいかないからだ。撮影が終われば捨てる。そしてまた買う。この繰り返しだった。

それでもいまはいい。コスプレにしろセクシーなランジェリーにしろ、ネットショップで安く購入することができる。しかし10年以上前は、正直大変だった。こうした商品を扱うネットショップ自体がまだ少なく、競争原理が働かないぶんだけ1点1点がそれなりに高価だったのだ。そんななか、お気に入りのセクシーランジェリーショップが1店だけあった。ランジェリーのセンスがよかったのもあるが、なによりもロシア人のモデルが私好みで、購入の目的以外に、抜く目的でもそのショップのサイトに行っていたのだ。そしてある日、そのモデルが登場するイメージビデオが作られ、販売されることを知った。そのビデオの映像がこちらである。

sx20161006-1bsx20161006-1cこのピンととがった乳房がセクシーランジェリーの魅力を引き立て、ついつい買いすぎてしまったほど。ちなみに右下の英数字は、商品の番号である

ピュア・セクシー』という名のイメージビデオ。当時はまだVHSのテープが主流で、DVDでは販売されていなかった。セクシーランジェリーの宣伝が目的なので、右下には商品の番号が表示されている。まぁ、そんなことはどうでもいい。とにかく私はこのロシア人のモデルが大好きで、だからこそこのピュア・セクシーが発売されたことを知った瞬間、即買いしたいのである。

sx20161006-1a 彼女は本職のモデルさんだったようで、当時はモデル事務所に所属しているのをネットで確認できた。そしていまさらながら思う。正規の手段でいいから、自分だけのモデル撮影をお願いしておけばよかった、と

なおこのビデオには、彼女以外ほかにもロシア人モデルが数人登場している。どの娘も超美人で、スタイルも文句のつけようがなし。このクラスの女性を抱けるのなら本当にいくらお金を積んでもいいとすら思う。さらにいえば、思う存分レイプして弄べるのなら、刑務所暮らしと引き換えでもかまなわい、とすら思うのだ。「プライベートでモデルになってくれませんか」と高額のギャラで誘って貸し別荘に連れていき、ひそかに隠れていた仲間と写真やビデオで撮影しながらレイプする。そしてザーメンまみれのまま、自分が宣伝していたランジェリーを着せて、イメージビデオの撮影まで行うのである。

sx20161006-1d

sx20161006-1e
とにかくこのイメージビデオに登場するモデルは、超美人ぞろい。死ぬまでに一度、このクラスの女性とハメ撮りを楽しみたいものだ。まぁ、レイプできればそれにこしたことはないのだが……

ほら、あのビデオのようにポーズをつけてみろよ!」とか、「撮影中は濡れていたんじゃないのか!? いまはザーメンで濡れまくっているけどな!!」とか言いながら撮影する。そして屈辱にまみれ涙を流す彼女をまた、みんなで犯しまくるのである。商品であったセクシーランジェリーを引き裂きながら

sx20161006-1fsx20161006-1g
この娘を見るたびに、「ロシアに行きたいなぁ」といつも思う。もちろん、現地で彼女のような女性を買うためだが(法律的には非合法だが、実質は合法のようなもの)

まぁ、あくまでもこれは妄想だが、とにかく私が大好きだったロシア人モデルのイメージビデオ。制作・販売元のショップはどうもなくなってしまったようで、当時の写真を見ることができない。残されたのは、このビデオの動画だけである。当時の思い出を振り返りながら、今夜もまたこのモデルで抜こうと思う。