スーパーフリーの意外な抜きどころ

早稲田大学の最大の黒歴史といえば、「スーパーフリー事件」をおいてほかにないだろう。女子大生を酔わせたうえで集団で犯しまくるという極悪非道な行いで世間を騒がせ、主犯である和田真一郎容疑者には2004年に懲役14年の判決がでた。2004年から14年だから、あと2年ほどすれば刑務所から出所する。当然、もっとも刑が重かったのは和田容疑者だから、当時逮捕されたサークルのメンバーはすでに出所しているわけで、刑務所で改心し、まっとうな人間として汗水流して働いているのを願うばかりだ。なにしろ小さいころからレイプ願望をもっていた私が、必死でがまんしている行為である。実際に犯罪を犯した和田容疑者をはじめとする一連のメンバーが憎くて仕方がない。「死刑でもいいんじゃない!!」とさえ思うぐらいだ。

さて、この事件が起きてから少し経ったころ、『スーパーフリー』というAVがソフト・オン・デマンドから発売された(制作はナチュラルハイ)。もちろん、スーパーフリー事件を想起させる内容のAVで、合コンでの悪ノリからレイプまで、ひととおり入れこんである。ただ、私的にはこのレイプシーンでは抜けない。理由はいろいろあるが、一度たりとも抜いたことがないのだ(なぜか魅力を感じないし、興奮もできない)。ただ、居酒屋の個室での合コンでの悪ノリは魅力的で、ここではかなり抜いた。ワザと画面全体にボカシをかけ、女の子の顔を不鮮明にしてあるのだが、私的にはすごく抜けるのである。

20160626-1a
『スーパーフリー』
発売元:ソフト・オン・デマンド 興奮度:★★★★

抜ける理由は簡単。男だけでなく、女の子もノリノリだからだ。つまり、「こんな合コンがあれば参加してみたいなぁ」と、心からうらやましく思ってしまうノリのよさ。クジで負けた女の子の服を脱がせ、唇を奪い、手コキさせ、フェラをさせ、口で抜かせる。さらには抜いたあとにグラスにザーメンを垂らし、それを男に飲ませるなど、悪ノリしまくるのだが、この一連の流れが本当にエロく、実に興奮するのである。個室のその空間の中でSEXまでいかないところがむしろリアルで、「これぐらいやる合コンはいっぱいあったかもしれない」と思ってしまうのだ。

20160626-1b
写真■クジで負けると罰ゲームということで、キスをしたり、手コキさせたり……大学生のとき、王様ゲームありの合コンに一度でいいから参加したかった

20160626-1c
写真■手コキのあとはお決まりのフェラ。画面全体に対しこのようにボカシがかかっており、さらにモザイクがプラスされるので見づらいのだが、それがかえって怪しい合コンの雰囲気を醸しだしている

20160626-1d
写真■ほかの女の子が罰ゲームで脱がされるシーン。この合コンシーンは3つあるが、登場人物はそれぞれ異なる。私的にはここで紹介した2番目の合コンシーンが好きで、女の子も、いかにも大学生という雰囲気のかわいい娘が多い

20160626-1e
写真■口で抜いてくれる娘は2人いて、この2人とも実にエロイ。2人とも抜いたあと、グラスにザーメンを垂らすのだが、この垂らし方がホント、エロイのだ!! 居酒屋の店員が合コンが終わったあとにグラスを片づけようとして、唖然とするのは間違いないだろうが

もっとも温泉地でピンクコンパニオンを呼べば、これに近いことはできるだろう。ただ、ピンクコンパニオンは二次会までもちこんで延長料金でさらに稼ぐことを前提としているため、一次会で抜いてくれないこともある。つまりは、抜きたくてもじらされるのだ。彼女たちも稼ごうと必死なのであまり文句は言いたくないのだが、じらされすぎると逆に興ざめしてしまうのである。私の場合、酒があるとつい飲みすぎてしまうクセがあり、さらにはアルコールが一定量超えると睡魔に襲われて立たなくなるから、このじらしが耐えられないのだ。先日もピンクコンパニオン遊びをして、1人酔いつぶれてしまうことがあったばかり。この私の黒歴史については、あらためて述べようと思う。

とにかくこの『スーパーフリー』というAV。合コンシーンは個人的にオススメ。ただ、先にも述べたとおり、画面全体にボカシがかかって不鮮明にしてあるので、抜けない方は本当に抜けないと思う。それでも観たいという方がいれば、中古DVDがamazonで出品されているので(2016年6月25日時点)、手に入れて観てみてほしい。ただ、私と違って買って後悔する可能性があることを、念頭に入れておいていただきたい。