輪姦パーティ開催情報

私は以前、「Rapist(レイピスト)」というレイプ願望をもつ男女をターゲットにしたサイトを運営していた。複数の男にレイプされたいという願望をもつ女性が現れたら、会員登録した男性の方々にアナウンスを流し、土日や祝日など集まりやすい日に輪姦パーティを開催していたのだ。今回、刺激Xを開設するにあたり、Rapistの復活、そしてそのコンセプトを受け継いだ輪姦パーティの開催を考えているので、レイプ願望をもつ女性の方がいたら、ぜひ以下をご覧いただき、ご応募いただけたらと思う。

20160607-1
千葉の貸別荘で輪姦パーティを開催したときの様子。私を入れて5人で、1人の女性を犯しまくった。顔合わせのとき、「Vシネマに出演したことがある」と言っていたが、その言葉を疑う余地もないほど美しい女性だった

20160607-5
アダルト撮影OKのスタジオで輪姦パーティを開催したときの様子。女性ができるだけ大勢にマワされたいというので、9人の男性会員を集めて次々と挿入させた

輪姦パーティを開催するにあたり、まず女性の要望を聞き、その女性のレイプ願望が満たされるようにしている。なんといってもレイプ願望をもつ女性は貴重であり、大事にすべき存在だと思っているからだ。「何人ぐらいに犯されたいのか?」「どう犯されたいのか?」を聞き、さらには「コンドーム装着の有無」「顔射や口内射精の有無」「顔出しの有無」を聞かせていただく。

なお撮影は原則行うが、それは私だけ。私がデジカメビデオカメラを使って行い、それを上の写真のように黒い目線を入れたり、全体にモザイクをかけた映像にして公開する。これは女性だけでなく、男性の方が安心して参加できるための最低条件だと考えているので、私の知らないところで写真やビデオが流出することはない。これは主催者側の責務だと考えているので、ご安心いただきたい。

また交通費謝礼に関しても十分配慮している。女性に負担をいっさいさせず、それまで秘めていたレイプ願望を存分に満たしてもらいたいというのが、私の気持ちだ。

ちなみにこのあたりの打ち合わせに関しては、事前に直接会って行うようにしている。これには理由が2つあって、1つ目はアナウンスする際に男性の方に流す女性の紹介写真や動画を撮影すること。写真は以下のようなもので、黒い目線を入れて本人が特定されないように配慮していることがおわかりいただけるだろう。

20160607-3
20160607-4
輪姦パーティの告知に添えた写真。「私をレイプして」「犯して」「Rapist」などの文字を、100円ショップで買った口紅で書いて撮影するのが私のやり方。なお口紅は簡単に落ちるので、その点はご安心を

ちなみに女性の紹介動画がコチラ。事前に女性と打ち合わせをして、どのようにレイプされたいかの要望を女性に叫ばせながら撮影を行っている。なぜ私が先にヤッているかというと、イタズラやドタキャンを避けるために女性の本気ぐあいを確かめる必要があるからだ。

※再生する際はボリュームに注意を!!

もっともそれは言い訳みたいなもので、私も女性もレイプ願望を秘めながら打ち合わせするわけだから、自然とこうなってしまうのだ。動画では少し乱暴な言葉づかいになっているかもしれないが、それは女性がそう望んだからで、普段の私は温厚なサラリーマンなので、その点はご安心を。ちなみに事前の打ち合わせのときも、交通費や謝礼はだすようにしており、ときには食事をいっしょにするときもある。

20160607-6
動画を撮影し始めたときの様子。輪姦パーティといっても、疑似レイププレイだから、その練習の意味をこめて撮影を行っている

とにかく、“犯されたい”というレイプ願望をおもちの女性さえいれば、すぐにでも輪姦パーティは開催するつもりだ。興味がある、くわしく知りたいという女性の方がいたら、ぜひ私までご連絡を!! プライバシーには十分すぎるほど配慮しているので、その点は信頼していただきたい。

<輪姦パーティのお問い合わせ>
webmasterアットshigekx.com ※アットは@に変更してメールをお送りください