地元高校のアイドルはオナペットにしづらい?

大好きなAV女優を10人あげよ」という問いに、あなたは誰の名前を挙げるだろうか? ランクづけするのはさすがに難しいが、現役・引退を問わず10人ピックアップしたら、私の場合こうなる。

石野ゆかり
かがみ愛
加賀美シュナ
笠木忍
川島和津美
紗倉まな
瀬名一花
百武あみ
ほしのあすか
真心実

自分で言うのもなんだか、結構ロリ系に偏っているとは思う。まぁそれは置いといて、このなかでもっとも認知度が高いのは、紗倉まなちゃんなのではないだろうか。ところがこの10人のなかでは、私がAVで抜いた回数は格段に少ない。それはなぜかというと、私がよく知っている高校出身のアイドルだからだ。

彼女が木更津工業高等専門学校出身だというのは、多くの方が知っているだろう。略称はいろいろあるが、私が中学・高校のころは、「こうせん」と言っていた。同じ学区にある高校で、当時はほかに高等専門学校がなかったから、こうせんでよかったのだ。偏差値は同じ学区のなかでは高いほうで、当時受験していたら、不合格になる可能性が高かった。もっとも当時は“工業”自体に興味がなかったため、受験すらしなかったが……。

とはいえ、同じ中学の何人かは、こうせんに行っている。もっとも彼女は、木更津の地元民ではなく、同じ千葉の習志野にある中学校から受験し、こうせんに進んだようだ。だから厳密には地元のアイドルとは言えないのだが、それはそれ。気持ちとしてはすごーく応援したくなるし、事実、デビュー当時からずっと応援し続けている

顔立ちも、カラダつきも好み。そして伝え聞くかぎりでは、性格もいい。三拍子そろったAV女優であるのにかかわらず、なぜか私はまなちゃんでは抜きにくい。なんというか、10人のなかでは、汚したくない、ある意味、神聖な存在なのだ。このあたりは少し説明しづらいところがあるが、私がちょっと届かなかった高校出身というのも、影響しているのかもしれない。

いずれにせよ、私が好きなAV女優10人のなかでは、紗倉まなちゃんは特殊な存在である。14歳のときにAV女優を志し、今も現役でがんばり続けているのは本当にスゴイこと。たぶんAV女優は、彼女にとって天職なのだと思う。そして私は、まなちゃんはオナペットとしてでなく、あくまでも地元高校出身のアイドルとして、これからも応援し続けていくつもりだ。

p.s.
次回は真心実ちゃんについて書くつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)