Vシネマは“たなぼた”レイプの宝庫だ!!

“たなぼた”という言葉がある。意味は、思いがけない幸運を得ること。前回の「グラビアアイドルが初写真集でセーラー服レイプを演出!?」で紹介した伊藤千夏ちゃんのVシネマを見まくっていたとき、まさにこのたなぼたが起きた。

彼女は一般向けのオリジナルビデオでデビューしたあと、三田友穂名義でAVデビュー。ただ3年ほどで引退し、その後は伊藤千夏名義で10本以上のVシネマに出演しているのだが、このころは体型が少しぽちゃ気味になってしまっており、残念ながらデビュー当時の面影がかなり消えてしまっている。それでも『高校教師 引き裂かれた聖身』で教育実習生としてやってきた伊藤千夏ちゃん演じる立花みどりが、クラスの不良グループにまわされるシーンは、ファースト写真集『TEARS』の写真を思いだしながら何度も抜いてしまったが……。

sx20160918-1a

sx20160918-1b sx20160918-1c sx20160918-1d
朝のランニング最中、不良グループに拉致され、工場でリーダー格の男からレイプされる。当然、そのあとはほかの4人からもレイプされたと思うが、シーン自体は彼女が放心状態で横たわるシーンにまで一気に飛んでしまっているので、そう思うしかない。AVではなくてVシネマだから、仕方ないといえば仕方ないのだが

このVシネマではみどりが担当するクラスのカップルの女子高生が、同じ不良グループに拉致され、工場でまわされるシーンがある。彼氏がみどりのところに助けを求めてやってくるのだが、同じ不良グループにさんざんレイプされたあとのため、そのときのことがフラッシュバックして助けに行くことができない。悩んだ挙句、工場には行くのだが、時すでに遅く、女の子はさんざんまわされたあと。女子高生役の女の子がもう少しかわいければよかったのだが、それでも泣きじゃくる彼女を抱きしめるみどりのシーンは、なかなかよかった。なぜ警察に助けを求めなかったのか、という疑問は残るが……。

sx20160918-1e
同じ不良グループにまわされたクラスの女子高生を抱きしめるみどり。この女子高生がもう少しかわいければ……というのは欲張りすぎなのだろうか?

※動画■予告編がビデオマーケットにあるので、興味のある方は観てほしい

伊藤千夏ちゃんのレイプシーンを期待して、違う女性のレイプシーンが見られる。これはまさに“たなぼた”なのだが、同じように彼女のVシネマを観まくっている最中、もっと興奮する“たなぼた”を見つけた。それが『牝牌 嵌められた女雀士』での、AV女優北川絵美ちゃんが5人のヤクザにまされるシーンだ。

sx20160918-1f

このVシネマは女雀士が己の身体を賭けて闘うがキャッチフレーズの牝牌(メスパイ)シリーズの第7弾で、伊藤千夏ちゃん演じる大河内理恵と北川絵美ちゃん演じる瀬川朋美は、雀荘「 ピーチ牌(パイ)」の人気メンバー。2人はメンバーとして恥じぬ腕を身につけるべく、プロへの登竜門といわれる大会へ出場を決意するのだが、大会前に朋美は恋人と思っていた男にダマされ、イカサマ麻雀で1400万円という法外な負債を抱えてしまう。そして男とグルのヤクザたちに無理矢理1000万円の借用書を書かされた挙句、残りの400万円分として5人の男たちにさんざんもてあそばれるのだ。

sx20160918-1g
雀荘の人気メンバーとして出演している北川絵美ちゃん(左、朋美役)と伊藤千夏ちゃん(右、理恵役)。確かにこんなかわいいメンバーがいれば、雀荘は大繁盛するだろうし、悪いヤツラに狙われもするだろう

sx20160918-1h
これが雀荘を狙う悪いヤツラ。そしてそいつらに罠にハメられた朋美。イカサマ麻雀で1400万円もの負債を抱えてしまい、無理矢理借用書を書かされる。そして1000万円以上を超えるぶんはカラダで……となるのだ

Vシネマの輪姦シーンは、中出しやぶっかけといった生々しいシーンこそないものの、そのぶん現実感迫真性、つまりはリアリティがある。朋美の輪姦シーンもまたリアリティがあり、かつ北川絵美ちゃんはその後、人気AV女優となるだけあって、カラダもおわん型のオッパイも実によく、とにかく抜きまくれるのだ。男たちが羽交い絞めにしてカラダをもてあそぶシーンから、さんざんもてあそんだことを示すかのような朋美の胸に光る汗など、ヘタなAVよりよほど抜ける。この牝牌シリーズはほぼ観たが、このレイプシーンがいちばんであった。ちなみに理恵、すなわち伊藤千夏ちゃんのレイプシーンは、残念ながらない。

sx20160918-1i sx20160918-1j
400万円分の代償としてヤクザの男たちにまわされる朋美。首筋からオッパイにかけて光る汗と、指の向き、なによりあきらめたかのような朋美演じる北川絵美ちゃんの表情が実にいい

AVは主演や出演女優があらかじめわかっているから、“たなぼた”で予期していなかったレイプシーンを観られることはほとんどない。これはVシネマならではの、うれしい誤算である。もっとも、“たなぼた”であるがゆえ、作品を観ないと見つけられない、というデメリットはあるのだが……。それでも次はどのVシネマを観ようかと、日々考えている私がいるのであった。

<PR:人気女優のシミつき下着、多数出品中>

Vシネマは“たなぼた”レイプの宝庫だ!!” への9件のコメント

  1. またまた、エロ情報ありがとうございます。女雀士、ヤクザは、私がゾクゾクする組み合わせです。雰囲気的に「まわし」が必ずありそうな事、女雀士はプライドが強く、気もつよい、というイメージがありますね。これも私の夢で、模擬でも男の中に独りいる女雀士をまわしてみたいですね。

    • Vシネマでヤクザがレイプする相手の女性は、
      気が強くてあとで復讐……とならないといけませんからね、
      おさむさんの好みの女性は多いのではないかと (=^・・^=)
      私も一生に一度くらいは、女性と卓を囲んで、
      「負けぶんは勘弁してやるからカラダで払え!」
      と言ってみたいです。
      もっとも私はさほど麻雀が強くないので、
      逆に身ぐるみ剥がれてしまうかもしれません ( ;∀;)

  2. ピンバック: 『修羅がゆく』最高のレイプシーンはコレか!? | 刺激X

  3. 私もこの牝牌のシーンには興奮しましたが、牝牌といえば、川村愛子が出ているものが一番興奮しました。川村愛子はいくつかのvシネマにも出ていますが、AVにも出ていると聞いて探しましたが、手に入れる事が出来ませんでした。

    • コメントありがとうございます。
      刺激Xの管理人です。

      川村愛子ちゃんの『牝牌』ですね。
      今度堪能してみます。
      いい情報、ありがとうございました !(^^)!

  4. vシネマのお気に入りの作品は、新任女教師シリーズで、一作目の美術教師、確か、秦由佳が主演、王道のレイプシーンはなかったのですが、イヤイヤセックスシーンにそそられました。ベスト作品は相沢美加の保健の先生。レイプシーンもいくつかあり、そそられる作品です。

    • コメントありがとうございます。
      刺激Xの管理人です。

      秦由佳ちゃんは私も大のお気に入りで、エロイ演技ができる
      すばらしい女優さんですよね (#^.^#)
      近いうちに、彼女のレビューも書こうと思います。

  5. 武井万恵は保険の勧誘に客先自宅に行ったら、複数の男が待ち受けていて、そのままレイプされた。男たちに四六時中犯された後、全裸で解放された。翌年の同じ月に出産した。

    • オまんティス将棋部さん、刺激Xの管理人です。
      コメントありがとうございました。
      ちなみに武井万恵さんというのはVシネマ女優でしょうか?
      検索してもでてこないので、よろしければ教えてください。
      それとも実話とか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)