「オレはAVにでたことがあるんだぜ!!」……汁男優デビュー?

これをデビューと言っていいのかは、賛否両論あるだろう。汁男優として、AV女優にザーメンを1回だけぶっかけて終了! AVを何度見直しても、自分がぶっかけているシーンがどれなのか、イマイチわからない。自分で撮影していない映像で、かつ汁男優は全員、胸から下しか映っていないから、自分と他人との区別がつかないのだ。ユーザー参加型のAVだから、当然ギャラはなし。「これをデビューとは言わないだろう!」。そう言われてあたり前なのだが、それでもあえて言わせてほしい。「オレはAVにでたことがあるんだぜ!!」と。

で、なんのAVかというとそれは、『こんでんすみるきぃ』シリーズの『こんでんすみるきぃ23 AYA』である。途中で「今日のホームルーム」のぶっかけコーナーがあるが、そこでザーメンをセーラー服めがけてぶちまけた記憶がある。コーナー冒頭の体育座りも記憶にあるし、主演のAV女優、AYAちゃんがアダルト男性誌を手に持って話をしていた記憶もある。そしてなにより、ヒトより早くぶっかけたことを記憶しているので、「おそらくコレだよなぁ!?」という適合シーンがあるのだ(ペニスの大きさと赤身ぐあい、そしてお腹のでっぱりぐあいがほぼ一致)。一瞬ではあったものの、ぶっかけるところはカットされていないので、デビューと言ってもいいのではないだろうか。まぁ、居酒屋なんかで話をすれば笑われるのがオチではあるが (^-^;

20160629-1c
写真■私が汁男優としてデビュー? したコーナー。AYAちゃんが雑誌を手に取って話していたのは確かに記憶している。ぶっちゃけ緊張と興奮で、頭の中は真っ白な状態だったが……

20160629-1b
写真■スタッフの人が「だせる人はどんどんぶっかけてくださいね」「遠慮しなくていいですから」的な指示をだしたので、いち早くぶっかけにいったのを覚えている。だから、たぶんこれが私。ペニスの大きさと赤身ぐあい、お腹のでっぱりぐあいがほぼ一致

さて、私がこのAVに参加を決めたのは、AVで本物のザーメンが使われているところを自分の目で確認したかったからだ。にっかつロマンポルノや初期のころのAV、いや最近のAVであっても、卵白やコンデンスミルクなどでつくった疑似ザーメンが使われることがあると聞く。むろん海外で無修正版の配信を考えているAVメーカーは、いまやそんな古くさい小道具は使わない。そんなことをしたら、売れなくなるからだ。それにつくるのにも時間と手間がかかる。

だからいまは、幸せな時代であるといえる。疑似ザーメンや疑似挿入でごまかされることがなくなったからだ。しかし当時は、モザイクのおかげで疑似ザーメンでもごまかせると考え、この手法がひんぱんに使われた。そんななか登場した『こんでんすみるきぃ』シリーズは、サイトで汁男優を募集していたのである。「これは参加し、自分の目で確かめるしかない!!」と思った気持ち、理解していただけるだろう。そして、自分でぶっかけて確認できた。「こんなうれしいことはない。わかってくれるよね? ララアに……」って、アムロかいっ ヾ( ̄o ̄;)オイオイ

20160629-1f
写真■違うコーナーでの1コマ。AVに収録されたこのコーナーでは、顔射の際、少しだがAYAちゃんの口にペニスをくわえさせることもできたようで、いまさらながらではあるが、こっちで参加したかったと思う。最高の思い出になったろうに……

20160629-1d
写真■「エロかわいい」という言葉が本当に似合うAYAちゃん。ザーメンをぶっかけられても明るくふるまっているその姿がけなげで、何度でも抜いてしまうのだ

冗談はさておき、参加したおかげで少しはAV撮影現場の雰囲気がわかったし、参加者の扱い方も学ばせてもらった。これがのちの輪姦パーティ開催のときに役立っていく。つまりは、なにごとも経験というヤツだ。そしてなにより、AYAちゃんがとてもかわいく、ファンにもなれた。撮影中、とても楽しそうに演技をしていたのが印象的だったし、もともと募集を見ていちばん好みの顔立ちのAYAちゃんのときに参加しようと決めたわけだから、ある意味当然のことといえよう(それまでは知らなかった)。そのほかの作品も観たが、自分が汁男優として参加しているひいき目もあり、この作品がAYAちゃんの最高の1本だと思っている。

20160629-1e
写真■AYAちゃんのこの表情だけで、私は抜ける。超かわいく、超好み。こういう娘と一度でいいから思う存分SEXができたら……と思う

20160629-1a
写真■私が自信をもってオススメするAYAちゃん主演の最高傑作作品。そして私の汁男優デビュー作 (^-^; ぜひ一度DVDを借りて観てほしい!!

こんでんすみるきぃ23 AYA
発売元:みるきぃぷりん♪
興奮度:★★★★★
入手難易度:★★(中古DVDが減りつつあるようだ)
DVD視聴:DMMをはじめ、DVDがレンタルで借りれる(下のリンクをクリック)